ホーム > ブログ > 無法松の一生

無法松の一生

会津若松から帰りにFMから流れてきた浪曲。
車のなかで聴くものは、流れるままに。

浪曲カァ?

来るもの拒まず。

なかなか面白い!演者も上手いし。
無法松の一生?
連想ゲームで阪妻、太鼓。
ようやく結びつきました!

とても純情であり
人として心広い優しい男が未亡人とその子の助け、守り、成長を見守る。

その子がだんだん大人になるにつれ男の無教養を恥て
避けるようになる。
久しぶりに戻ったふる里のお祭りに母は三人で出掛けようと男を誘うが息子は
恥ずかしいからイヤだと拒む!
一人残った男が言う!

学問したやつは、髭をはやし人を見下し偉くなっていく。それが何なんだ!

その通り! 

安富歩さんならきっとこう言う。

あなたの方が素晴らしい!と。

それからの流れがわからず
映画を見てみます。

浪曲面白い!
新しい発見。
幸せである。

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

  • 冬の散歩道 (8)
    • 2022年7月1日 投稿者 Plasticgxlnew texts were rewritten
  • 冬の散歩道 (8)
    • 2022年6月29日 投稿者 Zodiacedlconsists of the book itself
  • 冬の散歩道 (8)
    • 2022年6月28日 投稿者 Speakerhhufrom lat. manus – “hand” and scribo – “I...
  • 冬の散歩道 (8)
    • 2022年6月28日 投稿者 RubbersmdWestern Europe also formed
  • 冬の散歩道 (8)
    • 2022年6月26日 投稿者 VisionofoEurope, and in Ancient Russia

フィード

このページの先頭へ